退職前の給料前借りによる退職金の査定への影響について考える

退職金について

特定の会社などに一定期間勤めていると、退職金が支払われることがあります。

これは在職期間中全体に対しての慰労金のようなものです。

退職金の額の決定については、不公平が生じないように、ある程度形式的な決め方がありますが、勤務態度など、査定当事者の判断による多少あいまいなところもあります。

一方で、相場のようなものもあるので、在職期間と勤務内容などにより、ある程度の額を期待することができるものとなっています。

私の在職していた企業では、在職1年目から退職金支払いの対象になっていました。

もちろん1年目はほんの些細なものですが、何年勤めればいくらくらいもらえるのだなという予想もつきました。

給料前借りについて

給料は、一定の勤務をこなしたことに対して支払われるものですから、後払いが基本となりますが、給料は生活の経済的な基礎となるものですから、生活の仕方や時期によっては、給料の支払いを待つことが出来ない場合もあります。

そのような時に給料前借りを受けることができると好都合です。

前借りの制度の有無や内容はそれぞれ異なりますが、私の在職していた企業では、次の給料日の支払予想額を上限として、給料日までの日数や在職期間を考慮して前払いを受けることができました。

給料前払いの評価について

私が勤めていた企業を退職するときは、ある程度の退職金が期待できる状態でした。

一方で、退職後に小規模ながら事業を立ち上げる予定があり、そのための資金も必要でした。

そこで、給料の前借りをして資金を補充することも考えられましたが、結果としては行いませんでした。

確認したわけではないですが、給料前借りが退職金の査定にマイナスの評価を与えるという噂があったからです。

前借りができても給料一か月分ですが、一定額の退職金に対するマイナス査定はそれよりも大きくなる心配があったのです。

実際、以前に前借りした退職者で、退職金の額が予想よりもだいぶ下がった人がいたらしいので、あえて危険な選択肢をとらなくてよかったと思っています。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント