給料前借りに必要な条件は?書類は提出するべきなのか?

給料を前借りすることはできるのか?

給料日前なのに、出費が重なり必要な金額が準備できない時「給料前借り」を考える方も多いのではないでしょうか。

「給料前借り」の給料とは、すでに働いた分の給料を指し、まだ働いていない分は先にもらうことはできません。

一般的に、給料を前借りすることは、企業の裁量に任せられています。

ただし、労働基準法第25条によって労働者が出産や疾病、災害など厚生労働省令で定めている非常時の場合は、その費用に充てるための費用を既に働いている分の労働に対しては給料日前であっても支払わなければならないと定められています。

誰に申し出れば良いのか?

給料を前借りするというと気後れしがちですが、借金ではなく自分が働いた分をもらうのですから気まずい思いをする必要はありません。

まずは、自分の勤務先に前借りの制度があるかどうかを確認してみましょう。

前借りの制度があれば、規定に則って上司や担当部署に相談してみます。

前借り制度がない場合には、社長との距離が近い会社であれば直接社長に前借りを申し出ると良いでしょう。

若しくは、総務や人事などの担当部署に問い合わせることになります。

信頼できる上司がいるならば、その上司に前借りについて相談してみても良いですね。

借用書を作成しよう

給料前借りの時には借用書を作成することが多いです。

前借りの制度がある会社では申請書などの書類が必要になる場合もあります。

前借りは借金ではありませんが、企業によっては給料を先に支払うことで返済時に利息が発生する場合もあります。

また、返済方法も、給料からの天引きになるのか、まとめて別途返済するのかなど様々な方法があります。

特に決まった制度がない会社の場合は、書類を作成しないと後々トラブルに発展するおそれもあります。

そのため、前借りをする時に「利息はかかるのか」「返済方法はどうするのか」などを取り決めて、借用書を作成して同意をもらうことが、トラブルを防ぐコツにもなります。

また、労働基準法第25条による給料の前借りは、パートやアルバイトなど正社員でない勤務形態の人でも適用されます。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント