恥を忍んで給料前借りを頼んでみた~バイト先の社長に泣きつく~

大学3年の夏、仕送りが止まって生活費がピンチに!

神奈川県内の大学に通うために一人暮らしをしていた大学3年生の夏に、就職活動の方針をめぐり父親と大ゲンカした末「仕送りしないぞ」と言われてしまいました。

1週間後、仕送りのお金が入っているか通帳を見たところ、入金はありませんでした。

父を本気で怒らせたと思い、謝りの電話を入れたのですが、1か月仕送りゼロでやりくりするよう命じられました。

母にも泣きついたのですが父と同じ意見で助けてくれそうもなく、その瞬間1か月1万円生活を覚悟しました。

まず、1か月分の食費をどうしようかも考えました。

友人に頼み込めば居候させてくれると思ったのですが、恥ずかしくてそんな話はできず、いろいろ考えた結果1か月だけ牛丼屋さんの夜勤バイトを増やすことに決めました。

問題は、家賃をどう払うかでした。

大家さんは厳しいので、家賃の支払が1日でも遅れると親元に電話が行ってしまいます。

そうすると、また父に怒られてしまうので家賃だけは何としてでも払わなければと思いました。

家賃を払うには、あと4万円用意しなければなりません。

社長に頭を下げた結果、なんとか給料前借りできた

その牛丼屋さんでは前給制度があったのですが、入ったばかりで前給の話をするのは恥ずかしいと思い、大学入学時から続けているバイト先の社長に給料前借りの相談をしてみました。

父に怒鳴られるよりは社長に怒られる方がマシだと考えたからです。

普段から相談に乗ってくれる人だったので、父とのケンカのいきさつを全て話した上で、給料前借りさせてほしいと頼んでみました。

思った通り、社長にも厳しく叱られました。

「無駄遣いするから、こういう状況に陥るのだ」と。そして、給料前借りは信用を失うリスクが高い頼み事であること、信用を取り戻すには何か月もかかることを教えてくれた後、4万円を前借りさせてくれました。

加えて社長は「前借りした分は早く返しなさい。

そうしないと、翌月以降も同じことを繰り返すから」と言い、夏休み期間中のバイト時間を増やしてくれました。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント