社長には言いづらい!そんなときは給料前借りアプリが便利

アプリでもっと簡単に

給料前に急なお金が必要になったというとき、慌ててしまうことはないでしょうか。

特に働き始めたばかりの若い人であれば、まだ貯蓄が少なく、まとまったお金を急に準備することは難しいかもしれないですよね。

そんなときに古くから行われてきたのが給料前借りです。「給与前借りなんて・・・」と躊躇してしまうかもしれませんが、実は一定の条件を満たせば、労働基準法で「会社は従業員からの前借りに応じなければならない」と決められているのです。

前借りなんて無理と思わずに、社長に堂々と頼み込めばいい話なのですが、実際はそうはいかないですよね。

そこで利用したいのが給料前借りアプリです。

企業側がアプリ開発会社と契約していることが前提となりますが、このアプリさえインストールしておけば、わざわざ社長に給料前借りをお願いしなくても、即日入金されるというシステムです。

若干の手数料はかかりますが、利息などは発生せず、自分がもらえる給与の範囲でのみの支払いとなるので借りすぎるという心配もありません。

この給料前借りアプリを導入している企業は増えています。

なぜなら、このアプリを利用すれば社員の負担を減らすことにもつながるかもしれないからです。

働く人口の減少で、若い人の働き手を確保することは企業にとって切実な問題となっています。

そんな中、こうしたサービスが導入されていれば社員の定着率が高まる可能性があるのです。

給料日まであと少し足りないというときに、今までキャッシングや人から借りるという手段を用いていた人にとって、こうした給料前借りアプリを使えば簡単にお金を準備することができます。

給料前借りアプリでお金を準備することの一番の魅力は、借り入れではないという点です。

自分で働いた分の給料を受け取るということなので、特に後ろめたく感じることはありません。ただ、前借りをした分の給与と手数料は差し引いて実際の給料日には振り込まれますので、翌月の生活は節約しなければならないでしょう。

頻繁に利用すると会社での昇給などに影響する可能性もあるので、いくら自分で働いているお金だといっても計画性をもって利用することが大切です。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント