給料前借りの説得には領収書を活用して

欧米での給与支払い方法には日給、週給も珍しくありませんが、日本では月払いが主流となっています。

給料が支払われてから次の給料日まで1か月先となると、長いような短いような、個人のお財布事情によってとらえ方は様々です。

次回の給料日までにキャッシュフローが持たないと判断できるような支払が控えていると、そのような感覚に陥ることも理解できなくはありません。

短期の借り入れは、消費者金融などで行うことも可能ですが、会社が給料前借りを認めてくれれば、それに越したことはありませんが、給料前借りを行う場合に押さえておかないと、後々のトラブルやリスクになる恐れがあるので注意したいものです。

給料前借りの申請をした場合、会社側に金銭にルーズな人であるという印象を持たれてしまう可能性があります。

将来的な出世や継続して働くことにデメリットとなることも覚悟しておきましょう。

もし、給料前借りする場合は、その必要性を説明しましょう。これによりプライベートを会社側に公表することになりますが、貸し借りが伴う以上、信用問題を解消しておくというのは重要です。

例えば支払いなどにより手持ちが無くなってしまったことを説明するには、支払いの領収書などを提示するとよいでしょう。

先程、給料前借りを借金と述べましたが、実は給料前借りが可能な額はそう多くはありません。すでに働いた分からと定義されているからです。

それでは当然足りないため、残りは会社からの借金となることから借用書が必要になります。これは労働に支払われる対価としての給料を、借金と相殺させないようにするためです。

借金の代わりに労働で返すといえば、潔いようにも聞こえますが、やりたくない労働を強制的に行わせることにもつながるからです。

そもそも既に働いた分の給料前借りですらできない可能性があります。

会社側が前借りを断ることができるからです。

給与の支払いは毎月いつに、どの期間働いた分を支払うこととするという労働契約上で定められているためです。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント