給料前借りのリスクとデメリット

急にお金の工面が必要となった時には消費者金融などから借金をすることを思いつく方が多いですが、最近では給料前借り制度を取り入れている企業も多いため、そちらを利用して乗り切る方法もあります。

月々の出費をまかなうことができなかったり、どうしても購入したいものがある際にお金を手に入れることができるという最大のメリットがあります。

他にも、親や知人にお金が困っていることを知られずに済むため、周囲の方に心配をかけずに済みます。

ただ、給料の前借りをすることでのリスクもあるため、前借りを検討されている方はそちらを把握しておいたほうが良いでしょう。

まず一つ目のリスクは、次に支払われる給料が減ってしまうことです。

給料が減ってしまうため、普段よりも使えるお金が少なく、また給料の前借りをしなければならない状態にもなりえないため、ある程度のお金の出費の予定などを把握しておかなければなりません。

中には毎月給料の前借りをしないと生活が出来なくなってしまい、消費者金融からもお金を借りてしまう方もいるため注意が必要となります。

また、会社からの給料の前借りは会社ごとに上限が決められているため、そちらも把握しておいがほうが良いでしょう。

リスクとしては、病気などで体を壊してしまい働けなくなってしまう可能性もあるということです。

借りた分まで働くことができない場合は借りたお金を返済しなければならなくなり、生活できなくなってしまうこともあります。

借りることができるお金が多いほどメリットに感じますが、生活ができなくなってしまうこともあり得るため、そちらは覚えておいた方が良いでしょう。

他にも、給料の前借りでは振込手数料がかかってしまうため、本来減るはずのないお金まで減ってしまうということです。

また、企業によっても異なりますが返済する額が増えることもあります。

家族がいる場合には、借りたことを知られてしまうことが多いため、そちらもリスクの一つとなります。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント