給料前借りやボーナスの前借りは出来るだけ避けるべき

給料前借りやボーナスの前借りは出来るだけ避けるべきです。

というのはこのような事をすると会社側からの信用も無くなる可能性があるからです。

してはならない行為という事ではありませんが、これによって評価が下がる事はあり得るという事です。

正し、出産などの急な出費ということであったりすれば、それほどのマイナス評価になるという事はないかもしれません。

基本的に今の会社は社員のネガティブ評価の理由を常にさがしていると考えて良いでしょう。

昔は終身雇用という考え方でしたから、ネガティブ理由を探す必要は無かったのですが、今は成果主義という名のもとに如何に社員の給料を安くするのかという事を考えているのが会社の経営陣という事になります。

ですから、給料前借りやボーナスの前借りというような事はある意味ではネガティブ要因として捉えられるという事も考えられるという事です。

前借りをするためには、まずは上司に相談をするという事になるのですが、仕事以外の相談は受け付けないというようにしている所も最近は少なくはありません。

お金の相談は個人的なものとして会社は無関係だという様に考える所も少なくは無いという事です。このような話をすると最近は上司も良い顔をほとんどしないといって良いでしょう。

昔であれば、上司は部下の面倒を見ることで評価が高まるという事がありましたが、今は仕事以外の面倒事は何をしても評価の対象にもならないという事があるので、このような事を更に上の上司に持ち込めば、それだけで上司の評価が下がるという事も考えられなくはないという事になるというわけです。

今は成果主義ということになっていますが、この成果を判断するのが上司になっている事がほとんどですから、その上司のイメージを悪くするという可能性のある行為は出来るだけ避けた方がいいでしょう。

もちろん、他に手が無いという場合は仕方がありませんが、最終的な方法として考えておくのが無難です。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント