給料前借りと年末調整の関係について

給料前借りを考える場合には、年末調整への影響について十分に確認をすることが必要となります。

最近の会社では給料前借りはほとんど行っていませんが、場合によっては社員の経済状態を考え特別に行ってくれるところも少なくありません。

しかし、その場合には年末調整の影響が発生することもあるので注意をすることが必要です。

一般の会社に勤める人の場合には様々な税金は給料から天引きされ会社が一括して支払うことになっている場合がほとんどです。

そのため毎月所得税を給料から引かれて納めることになっていますが、この税額はあらかじめ年間の社員の所得を予測して支払っていることになるため、年末には実際に支払った額と社員の収入との差額を精査し、払い過ぎた分を変換する仕組みとなっています。

そのため多くの人は年末調整によって払い過ぎた税金が戻ってくると言う感覚を持っていますが、所得が急激に増えた場合などは逆に年末調整によって税額がプラスとなり、余分にお金を支払わなければならなくなってしまうこともあるのです。

その中で給料前借りをした場合には所得が増えると言う計算になることが少なくありません。

これは給料日前に会社が社員に対してお金を融資する形となるため、給料日にその前借り分を差し引いて支払うことになりますが実際には前借りをした日から給料日までの期間の利息が発生することになるのです。

この利息分を給料から差し引いて支払いを行っている会社は実は少なく、前借りをした金額だけを差し引いて社員に給料を支給することが多いため、利息分は社員に対しての給料の上乗せとなり実質的に給料が増えたことになる場合が少なくありません。

そのため年末調整においては給料が増えたことによりその税額に影響が出るため、本来の税金に対して所得税が上乗せされるケースもあるので注意をすることが必要です。

会社によって異なりますが、年末調整においてその利息分を差し引くと言うケースもあるため注意をすることが大切です。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント