給料前借りは上司に電話で相談

給料前借りは上司に電話で相談するという事をしてから、検討するという事をしても良いかも知れません。

仕事中にこのような事を言うと、流石に後にしろという事になるでしょうから、なかなか職場では言えない話という事にもなるからです。

ただし、給料前借りという事自体は最近はなかなか良いイメージと取られないという事は覚悟しておく必要があります。

ほとんどの会社は今は終身雇用という事はやめて、成果主義というものを採用しているます、これは個人の事は会社は知らないという宣言だと考えて良いでしょう。

終身雇用は会社が個人の面倒を最後まで見るというシステムだったのですが、それを捨てたという事になるわけですから、会社は個人の事には関わらないという方針を出しているという事になります。

その為、このような相談をされても上司も困る事が多いというわけです。

面倒見の良い上司であっても、会社としてそのような雰囲気が無ければなかなかこのようなお金の話という事は難しいという事を考えておく必要があります。

会社はお金を儲けるという事を常に考えている所なので、極めてお金の話にはデリケートなところがあるわけです。

経費削減などの事を考えても鉛筆一本ですら無駄にしないという事を考えている所で、給料前借りというような人が出てくると、これがどういう影響を及ぼすのかという事は十分に考えなければならない事だといって良いでしょう。

ですから、上司に相談するにしても十分に検討して覚悟を決めた上で、上司の邪魔にならなさそうな時間に相談するということも必要になります。

そして、その意見は尊重すべきだと言っていいでしょう。迷惑そうな感じがするのであれば、別の方法を探すという事も考えた方がいいかもしれません。

上司が迷惑そうにしているという事は、実際にかなり難しいという雰囲気があるという事です。

前例があるような場合でも、あまりいい事ではないという事は間違いありませんから、ネガティブに捉えられる可能性が高いというように考えられます。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント