給料前借りの実現性とやり方

給料前借りはお金に困った時の味方で、正しいやり方を行えば無理なく実現します。

条件を満たす必要はあるものの、労働者に認められている権利ですから、給料前借りは実現可能だといえます。

給料前借りが可能という根拠は、いわゆる労働基準法の第25条の項目にあります。

それは、労働者に疾病や出産など非常事態が起こり、急に費用が必要となった場合に、使用者は既に行なわれている労働分の賃金を支払うというものです。

正確には、支払わなければいけないとされていますから、給料前借りに期待できると考えて間違いないでしょう。

非常時という条件はあるものの、従業員は働いて受け取っていない分の給料を、会社側に請求できる権利を有します。

また、会社側は応じなければならないので、労働基準法第25条を根拠に請求を行うのが正解です。

やり方としては、上司や責任者に該当する人に対して、非常時だと伝え請求するのが基本となります。

ただし、これといった正しいやり方はありませんから、例えばアルバイトやパートであれば、社員を通じて社長に伝えてもらうなどの形となります。

コンビニ店員なら店長、派遣社員なら派遣会社の担当者といった具合です。

正社員として勤めているならば、所属部署の責任者か経理部の担当者に相談するのが賢明です。

実際に給料前借りが可能かどうか、その判断は会社の裁量に委ねられますから、却下されればそれまでです。

加えて、会社の規則によっても結果が左右されるので、必ず借りられる方法はないと思われます。

しかし理由が理由であれば、会社側も労働者の事情を考慮して、前向きに検討してくれる可能性があるでしょう。

必要と思われる金額以上に請求を行えば、本当に非常時なのかと疑われてしまいますが、理由と必要なお金の金額を伝えることで、現実的に判断してもらえます。

会社によっては、借金扱いで利息を設定している場合もあるので、その点は事前に確認しておくことをおすすめします。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント