給料の前借りっていつからできる?3ヶ月経てば可能です

給料の前借りって仕事を初めてどれくらい経てばできるのか知りたいですよね。

就職したばっかりや、バイトを始めたばかりで、ちょっとお金が足りないことって本当に多いです。

家賃を払ってしまうと本当に生活費が足りない時や、急な出費でどうしても3万円必要になってしまったなんてことも。

そんなときは給料の前借りをしたいのだけれども働き出したばっかりだし。。。

どれくらい経てば前借りOK何だろうか知りたいけど、そんなことなかなか聞けないのが本音。

でも給料ファクタリングなら社員でもバイトでも働いて3ヶ月建て場給料前借りのようにお金を借りることが可能ですよ。

今働いている会社はいつから給料前借りできるのか?

基本的に給料の前借りはいつでも可能です。

すでに働いている分の給料を給料日まで会社は預かっているという状態での前借りに限ります。

これから働くであろう未来の給料を先にもらうのは前借りではなく、ただの借金で返済を給料から天引きするということで前借りとは言いません。

どちらの場合でも勤め出してまだ日が浅い場合は言い出しにくいですよね。

まだ仕事もろくに覚えてないのに給料前借りだって?どういうつもりだ!なんて思われるかもしれません。

もちろん前借りのシステムなんてない!という会社もありますし、本当に会社によってまちまちです。

でも一つだけわかっているのは「言い出しにくい」ということですよね。

なら給料前借りを専門に行なっている業者に相談してみましょう。

給料を先に受け取る「給料ファクタリング」を利用しよう

働き出してどれくらい経てば給料前借りできるのかわからない!そんなときは勤務3ヶ月経過から利用可能な給料ファクタリングがオススメです。

携帯電話や光熱費などの支払いもしなければいけない、クレジットカードの引き落としがある、などの理由でどうしてもお金が必要な時は「給料ファクタリング」という給料前借りのようなシステムを知っていればすぐに解決できるのです。

これは勤務している会社やバイト先に知られることなく、給料を先に貰う方法なのです。

給料ファクタリングって?

働いている方なら誰でももらっている給料って基本的に締日と支払日がありますよね。

給料日に貰うお金はすでに働いている賃金を貰うのですが、締め日から支払日までのタイムラグがあるので給料日までもたないということが発生する月があるのです。

どうしても今月だけ乗り切りたい!そんな時には

「すでに働いた給料を先に貰えばいい」

のです。

ですが会社や社長や上司に「給料を先にください」とは本当に言いにくいし、言ったところで断られる可能性もあります。

ですが、会社の代わりに給料を先に支払ってくれるシステムがあればいいのでは?と思いますよね。

ここで注目されているのが給料ファクタリングという新しい資金調達方法です。

給料ファクタリングとはすでに働いて得ている給料というあなたが持っている債権を買い取ってくれるシステムなのです。

言い換えれば給料前借りを会社の代わりに実行してくれるということです。

給料を先に受け取れる七福神ファクタリング公式サイト

どうしても給料日までもたないという時に助けて貰うことができますよ!

コメント