税金の支払いのために給料前借りは出来るのか?

給料の前借りは税金の支払いにでも使えるのでしょうか?

税金の催促がきて○月○日までに払ってと言われていたのを忘れていて、友人の結婚式などで、出費がすごく全く払えない状態になっている人から相談がありました。

税金の支払いに対して、給料の前借りを出来るのかどうかと言うと、問題なく給料の前借りができます。

労働基準法では給料日前でも非常時に使用者は賃金を払わなければならな義務があります。

払う額は、前の給料日から請求日の間の賃金となります。

残念ながら税金の支払いは、非常時には入っていないので、使用者は賃金を払う義務はありません。

ただし、これはあくまで、法律によるものなので、会社側の判断になるので会社に相談されるのがいいと思います。

非常時払とは、労働基準法 第二十五条に記載されており、使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

となっています、税金の支払いは充当されないので、どうしても会社が給料前借りをしてくれない場合は、給料前借りをしてくれる業者を利用しましょう。

手数料はかかりますが、働いていれば、必ず給料前借りをできます。

給料を先に受け取れる七福神ファクタリング公式サイト

七福神という給料前借りサービスなら、実績も抜群で急ぎの場合でも即日融資してもらえるので嬉しいです。

どうしても、給料前借りをしたい人は、給料ファクタリングを利用してください。

コメント