社内貸付制度が無い場合はこの方法で給料前借り!

今月どうしてもお金が足りなくて赤字だ、なんとかして支払日までに現金が必要だけど手持ちがない、そんな時に社内(従業員)貸付制度があれば、審査も金融機関より甘いし、低金利で借りることができますよね。

ですがこの社内貸付制度を備えている会社ってそんなに多くはありません。

勤めている会社に社内貸付制度が無い場合にお金を借りるには、銀行カードローンや消費者金融などでキャッシングすることが一般的です。

ですが金融機関の審査を受けたくない!ブラックだから審査に通らない!という場合のオススメの方法は給料前借りのような「給料ファクタリング」ですよ。

社内貸付制度が無い場合は給料ファクタリングを検討しよう

会社にお金を借りることができない場合は通常銀行カードローンや消費者金融などのキャッシングサービスを利用することが多いのですが、審査に落ちてしまった場合や、住宅ローンを組む前で借金はしたくない!という方には「給料ファクタリング」がオススメです。

給料ファクタリングとは

毎月もらっている給料ですが、実際に働いた分の賃金が給料日に現金が振り込まれるまでに早くても数日間、遅ければ1ヶ月ほど時間がかかりますよね。

例えば4月25日の給料は3月11日〜4月10日までの労働に対しての給料だという支払いサイクルになっている会社も多いのではないでしょうか。

すでに働いて得ている賃金を後日貰う、というのがほとんどの会社で取り入れられている給料日の実態です。

この時間差がないのが分かり安く言えば「日払い」ですよね。

働いたその日にその給料を受け取ることです。

ですが普通の会社員やバイトでは日払いはなかなかしてもらえません。

そんな時に給料を先に現金化する給料ファクタリングがオススメなのです。

給料ファクタリングとはあなたがすでに働いて得ている給料という債権を給料日前であっても先に買い取ってもらえるシステムなのです。

給料ファクタリングで今すぐにお金を用意できる

あなたのすでに持っている給料債権を即日で現金として用意してもらえますよ。

コメント