社内貸付制度は給料前借りできない時の救済方法

福利厚生の一つとして従業員に対して困った時にお金を貸してもらえる社内貸付制度を取り入れている会社が徐々に増えてきています。

ここではその制度についてわかりやすく説明していきたいと思います。

会社にお金を借りるときにこの社内(従業員)貸付制度があれば、消費者金融に借りるよりも低金利で審査も柔軟に借りることができます。

給料の前借りを考えている場合、社内のこの社内貸付制度があれば検討してみましょう。

社内貸付制度とはどういう仕組みなの?

社内貸付制度とは、会社からお金を借りる制度のことです。

この制度は会社が従業員と労使協定を書面上で約束し、正式な形で社内貸付制度のルールを定めている場合に利用することができます。

どの会社でもこの社内貸付制度を取り入れているわけではなく、一般的には大企業と言われる会社で利用できる制度として目立っています。

従業員が働く上で金銭的に困っていることがあるなら助けよう!という福利厚生の一つとして存在しているのです。

福利厚生の一つである社内貸付制度は、消費者金融でのキャッシングやカードローン、便利なATMでのキャッシングとは大きく違います。

貸付の審査や条件、金利などは会社によって違うのではっきりは言えませんが、従業員を守るための制度ということで消費者金融などで借りるよりも金利は安く、審査も柔軟です。

社内貸付制度で借りるための条件

この条件も各社違いますが、一般的には利用用途は自由ではなく、借りたお金を何に使うのか?ということを伝えることが必要になります。

病気や怪我・出産や子供の教育費など利用目的を制限している会社が多いですが、この理由は形骸化している場合が多く、借金で困っている場合でも利用可能な会社が多いということも事実です。

社内貸付制度はその字のごとく「社内」での判断で貸付をしてもらえるので、貸付の担当者の判断一つで借りれるかどうかが決まるのです。

大きく決められている事は

  • 金利
  • 勤務歴
  • 限度額
  • 使用用途
  • 担保・連帯保証人
  • 返済方法

が多いです。

金利

社内貸付制度でもお金を貸す、借りるという場合には金利が発生します。

金利がないとただの譲渡になり税金も発生してしまいますしね。

利息制限法の範囲内で金利を決めますが、一般的には銀行カードローンや消費者金融よりかなり安い金利が設定されています。

勤務歴

入社1年以上などの勤務歴を有するものだけが借りることができる、というルールを決めている会社が多いです。

入社したばかりで勤務歴3ヶ月も経たない新入社員では社内貸付制度を利用できない場合があるので確認しておきましょう。

限度額

年収に応じて限度額を設定している場合や、役職に応じて借りることがでいる金額を決めている場合もあります。

社内貸付制度は金融機関からの借り入れではないので総量規制対象外になるということも知っておきましょう。

使用用途

一般的には「病気や怪我・出産や子供の教育費」などの用途であれば申告しやすいですし、申請が通りやすい用途です。

社内貸付制度で借りたお金をどのように使用するか?ということは会社に伝える必要があります。

真実を正直に伝えることが信頼を勝ち取り、社内貸付制度での審査通過につながると思われます。

担保・連帯保証人

金融会社より甘い審査の代わりに、連帯保証人をつけなければ利用できないとする場合があります。

無担保なのか?連帯保証人が必要なのか?ということはお金を借りる上でかなり大きな判断基準になると思いますので社内貸付制度でのチェックすべき項目です。

返済方法

毎月の給料天引きでの返済であれば労使協定を結び、天引きでも問題ないと会社と書面で契約する必要があります。

ボーナス時には返済金額を多くするなどの会社と相談して決めましょう。

社内貸付制度の審査について

銀行や消費者金融に借りるわけではない社内貸付制度、審査は社内のルールに従い行われます。

会社は金融機関ではない為、信用情報の閲覧などは行いません。

社内貸付制度の条件をクリアしていれば借りることができます。

そういった部分では審査は甘く、ブラック属性でも借りることは可能です。

身分証明証や収入証明書の提出は必要なく、会社の用意している書類に記入をすることで社内貸付制度の審査が行われます。

社内貸付制度のメリットとデメリット

会社にお金を借りる社内貸付制度はどのようなメリットとデメリットがあるのかを理解した上で利用を検討しましょう。

メリット

給料天引きでの返済を選んだ場合は返済に困らない

金融機関で借りるより安い金利で借入れすることができる

社内独自審審査なので貸金業者より審査に通りやすい

総量規制対象外なので、借り入れの上限額を気にしなくていい

デメリット

お金を借りていることが社内に広まる可能性がある

使用用途を伝えなければならない

配偶者や親などの連帯保証人が必要なケースがある

社内の査定や昇進に影響する可能性もある

まとめ

社内貸付制度はあくまでも会社の福利厚生の一つであり、社員に対して絶対にお金を貸さないといけないという決まりはありません。

利用できる条件なども全て会社が独自に決めているので会社によって内容はバラバラです。

申し込み書類の詳細までしっかりと確認し、あくまでも従業員を助けるための制度という事を理解して利用しましょう。

社内貸付制度が無い場合はこの方法で給料前借り!

コメント