給料前借りが簡単にできる方法があります

給料前借りとは、その名前のとおりに給料日まで待つことなく先に給料をもらうことを指しています。

しかし給料前借りを行う場合でも、前借りできる金額には条件があります。

それは自分が働いた分の給料の中で、なおかつまだ支給されていない金額の範囲内ということです。

これから一生懸命働くから働いていない分の賃金を貸してほしいというのは、会社にとっても無理なことです。

一昔前までは給料の前借りと聞いた場合には、個人的に勤務先の社長や上司に頼みこみお願いするケースがほとんどでしたが、近年では給料前借りが簡単にできる方法が続々と現れるようになりました。

その方法の一つが、アプリや銀行のシステムで給料の前借りができる仕組みです。

その一つにPaymeと呼ばれるものがあります。

これは2017年7月に設立された株式会社ペイミーと呼ばれる会社が始めた前借りのシステムです。

専用のアプリをインストールしてパスワードを入力して振込依頼をすれば、早ければ当日中に自分の口座に前借り分の金額が振り込まれることでしょう。

そしてほぼ日払い君と呼ばれるサービスもあります。

これは2015年に設立された株式会社BANQと呼ばれる会社が提供しているサービスを指します。

専用のアプリを使い、振込手数料の負担がありますが給与の最大70パーセントを前借りすることができます。

そして株式会社ヒューマントラストと呼ばれる会社からはキュリカと呼ばれるサービスが提供されています。

特徴としては給与振り込み前借り分が振り込まれるのではなく、専用のカードがあることです。

このカードを手にしていれば、わずかな手数料でコンビニに設置してあるATMなどからも、給料の前借りが可能です。

特別な申し込みも必要ないので、気軽に利用してみると良いでしょう。

そして東京都民銀行が提供している前給制度サービスもあります。

有名な大手外食産業もこの制度を導入しています。

システムのポイントは専用のURLとパスワード利用することで、どこでも前借りの申請ができるということです。

振込手数料が必要であったり、振込みが翌営業日に限られてしまいますが、便利に利用できるサービスの一つといえるでしょう。

ドラマや映画などで給料前借りのシーンをみて、実際にはこんな事できないだろうと思っていった人も多いかもしれませんが、実際にはこのようなアプリやサービスを利用することによって、給料前借りも簡単にできるようになってきています。

困った時には、一度利用してみるのおすすめと言えるでしょう。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント