給料の先払いについて

農業漁業や商店などの自営業を行っている方々は、自分で売買を行い利益を得て生活を行なわれています。

これに対し、サラリーマンと呼ばれる経営者や企業に雇われている人達は、ある決まった期間の労働の対価としてサラリーを手にします。

この様に言うとサラリーマンは全て同じ様に給料をもらっているように思われますが、実は経営者の方針や企業の方針などで幾分違う事があります。

同じサラリーマンでも事情が違うという事について、すぐには理解できない方もおられるかもしれませんので説明をさせていただきます。

一番違いが出るのが、どの期間についてのサラリーをどの時期に得るかという事です。

サラリーマンの中には、プロ野球選手の様に年俸制の雇用契約であり1年ごとにサラリーが決まる方もいらっしゃいます。

また、アメリカでは1週間毎にサラリーをもらう場合がありますが、日本で最も一般的なのが1ヶ月毎に月給が支給される場合です。

ただ、この様にどの期間についての報酬が支払われるかに加えて、その雇用期間のいつ給料が支払われるかによってかなり意味合いが異なってきます。

この場合も日本で最も一般的なのが、少し期間の幅はありますが、働いた期間の月末か次の月の初めに月給が支払われるケースです。

意味合いとしては、該当する月の労働を評価して、その労働に相応の対価を支払う事になります。この月給の後払いのケースは、労働に対する対価としてのサラリーという事でわかりやすい給与の支払い方法です。

この様に日本では給与の後払いというのが一般的なのですが、経営者や企業によっては、月給後払いとはかなり異なる給与の支払い方法がとられる場合があります。

月の半ばにその月の月給を支払うというのは、今後の動きを予想してという事で理解しやすいのですが、経営者や企業によっては月初めにその月の月給を先払いするという事が行われる事があります。

この給与の先払いは、他に色々な制限や変更がなければ、休業員や職員にとっては大きなメリットです。

貯金などがなくても、その月にかかる光熱水料などの経費の支払いについて対応する事ができます。

その意味では、サラリーマンにとっては、その月の生活を行う上での支払いについて気にする事なく仕事ができますので安心材料になります。

給料を支払った後に、働き具合がよくなかったからといって返金を求められる様な事になれば困った事になりますが、この様な場合も給料の前借りという形とも解釈できますので基本的には法律で禁止されています。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント