即日融資する給料ファクタリングは消費者金融代わりに利用できます

一般的にファクタリングと言うと、将来的な売上げを前倒しし、売掛債権を現金化できるものです。

そのため金融機関で使う用語の感じがあり、実際、法人や個人事業主が対象になってきました。

しかし近年では一部のファクタリング会社が”個人向けファクタリング”を開始し話題になっています。

個人向けファクタリングは給料ファクタリングとも呼ばれ、売掛金の売却ではなく給料債権を取引するシステムです。

入金が約束された給与を、売上げの代わりに債権と捉え、これをファクタリング会社に売却することで現金化ができるというものです。

この給与ファクタリングを行なっている会社はまだ少数ですが、対象範囲が給与所得者全員で、即日融資が可能ですので今後一般化し、ニーズを伸ばす可能性があります。

このシステムの手数料は、現在15%程度で利用されることが一般的で、例えば30万円の給料の人が利用した場合、手数料は4.5万円です。

これは実は金利に置き換えると、借り入れ期間を30日とした場合、年利182.5%に相当する金利で、賃金業法などで定められた年利18%の10倍以上もの金利になります。

従ってこの運用を毎回続け資金を調達した場合は、破綻する可能性が極めて高く、常時利用できるものではないものではあります。

しかしメリットはあり、銀行や消費者金融で借入れできないブラックリストに載っている方は利用可能であることです。

ファクタリング審査は通常の融資とは違い、債権の回収性が間違いなければブラックでも利用できる資金調達法で、年利1,000%を超えるヤミ金融や、その他の法外なクレジットカード現金化会社を利用するよりはマシという考え方もあります。

メリットはまだあり、消費者金融などで借入れすると、信用情報機関などへ借り入れ情報が載せられ、一定期間記録が残ることになりますが、これに残らないように資金調達するときには便利に使える方法です。

また住宅ローンなど大きな資金の準備を控えている人にとって記録が残らないことは、審査に悪影響が出ませんのでありがたいと感じることもあるでしょう。

即日融資できる一時しのぎの方法と割り切れば高い手数料も納得できる場合もあるでしょう。

利用メリットはまだあり、給料ファクタリングは還付請求権がありません。

給料債権ごと譲渡する関係上、勤めている会社が倒産して給料が未払いになった場合でも弁済の必要がありません。

もちろん給料ファクタリングを行なう会社もこの点の審査を行うはずですが、万が一の給料未払いを回避でき、代わりに現金を手にできることはメリットと言えるでしょう。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント