銀行や消費者金融以外でお金を借りる方法にはどのようなものがあるか

手持ちのお金がないけれども、いますぐにお金が必要になった場合には、どこかでお金を借りなければなりません。

お金を借りる方法としては、銀行や消費者金融などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、できる限りこのような所は利用したくないという人も多いものです。

銀行や消費者金融以外でお金を借りる方法として、まず第一に考えられることは親戚や知人からお金を借りることです。

この方法であれば利息もかからずにお金を借りることができるでしょう。

実際に1万円から3万円程度の金額であれば、両親や兄弟、知人や友人などから借りた経験があるという人も多いものです。

しっかりとした目的があるのであれば、両親が快くお金を貸してくれることもあるかもしれません。

しかし親戚や知人、友人などからお金を借りる方法は、何かとトラブルに発展しやすいものです。

場合によっては人間関係が壊れてしまう原因にもなるので十分に注意しましょう。

たとえを挙げるのであれば、ギャンブルなどでお金を借りた場合には、返すあてもなくなってしまいます。

このことからいつまでたっても返せないという状態が続き、こうなればこれまでに築いてきた信頼関係もすべてが崩れることになります。

親戚や知人、友人などとお金の貸し借りをする場合には、できる限り借用書を作成するようにしましょう。

借用書を正しく作成することによって、お金のトラブルでもめる可能性も軽減できるでしょう。

親戚や友人などからお金を借りる場合にはしっかりとルールを守り、人間関係が悪化しないように努力することが大人のマナーと言えます。

無職や失業中の人がお金を借りたいと思った場合には、銀行や消費者金融を利用したいと思っても収入がないことから利用することができません。

このような人がお金を借りたいのであれば、自治体から借りたり、生命保険を利用するなどの方法が挙げられます。

まず最初に自治体の公的融資制度を利用してみましょう。

様々な理由などによって民間の賃金業者からお金を借りることができない場合には、非常に低い金利で自治体から貸し付けを受けることも可能となっています。

また低所得者層や障害者世帯、高齢者世帯に対しては、生活福祉資金貸付制度と呼ばれる制度も利用することが可能です。

安定した職につくことが難しく、収入の基準を満たしていれば対象となる可能性もあります。

この制度で借り入れることができるのは、生活に必要な資金や教育支援金、不動産借り入れに必要な資金をさしています。

そのほかの用途では貸付をうけることはできないので十分に注意してから利用するようにしましょう。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント