CMで見かける給料前借りのシステム

CYURICAという給料前借りシステムのCMがテレビで放映されていました。

これは、導入している会社で使うことができる便利な給料前借りの仕組みです。

通常の会社では前借りをさせてもらうことはできませんので、給料日前にお金が無くなってしまった時は何とか別の方法で工面するほかありません。

最悪の場合は消費者金融での借金やクレジットカードの借金を使うことになるでしょう。

しかし、前借りができれば自分で働いた分を切り崩すだけなので、将来的に負担を増やす必要がなくなるメリットがあります。

こちらの便利なところは、単なる前借りのシステムではなく、カードを利用してATMから前借りをすることができる仕組みだということです。

対応しているのは24時間365日で、普通に銀行預金を下ろす感覚で使うことができます。

これは勤怠管理のシステムと一体となっているので、働いた分がデータに記録されて、そのうちの一部が前借りできるようになっています。

そして、新しい勤怠システムを導入する必要はなく、従来の勤怠管理ソフトと連携できるのも特徴です。

この仕組みは人材派遣会社のヒューマントラストが開発したものでそちらで使われていますが、一般でも導入することは可能です。

初期投資ゼロで導入できるという点が導入しやすさにつながっています。

新しい勤怠管理システムに入れ替えるとなると多大なコストがかかるので導入しにくくなってしまいますが、それがないのはハードルを下げているといえるでしょう。

給料前借りシステムが使いやすいと、仕事の応募者も増加するようです。

短期のアルバイトがこれまでは短期的にお金を稼ぐ手段として活用されてきましたが、働いた分の給料を先にもらえるとなれば短期のアルバイトを視野に入れていた人も、長期のアルバイトの仕事も選択肢に入れるようになるので、人材の確保もしやすくなるでしょう。

ホームページでは実際に導入した企業の声も掲載されているので参考になります。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント