給料前借りを上司に相談する際に注意したいこと

給料日まであと少しなのにお金の都合がつかない、冠婚葬祭が重なり来週までにまとまったお金が必要になったなど、急にお金が必要になるケースもあるものです。

この場合に給料日前に給料前借りして乗り切りたいと考える人もいるかませんが、実際にどうやって頼めばよいのかわからないことも多いものです。

給料前借りしたいと思った場合には、会社によっても異なりますが、まずはお願いをする必要があります。

小さな会社であり、社長と距離が近いのであれば、直接社長にお願いをし、前借りをすることもできるかもしれません。

一定以上の規模を持つ会社の場合には、担当部長や経理などにお願いをすることになるかもしれませんが、普段あまり接することのない相手にお金の相談をしにくいと思う人もいるものです。

このような場合に信頼できる上司がいれば、その上司に相談をすることが一番のおすすめ方法と言えます。

給料前借りを申し出る場合の言い方としては、「急な出費がありどうしても来週中にお金が必要なので、来月分の給料を前倒しで振り込みをお願いできないでしょうか」など、お金が必要であることを伝えたうえで、前借りをお願いすることになります。

この時に注意したいことは、いつまでにいくらが必要なのかをはっきりと伝えることです。

簡単でもいのでなぜ前借りが必要なのかという点についても話しておけば、会社としても判断をしやすくなるでしょう。

また給料前借りをお願いする場合には、借用書を作成するとよいでしょう。

企業としては、お金を渡してそのままやめてしまう可能性がないわけではないので、判断に迷うところです。

このような場合に借用書を交わして誠実さを示すことで、会社も給料前借りに応じてくれるかもしれません。

借用書と聞くと難しい書面をつくらなくてはならないと思う人もいるかもしれませんが、紙1枚で簡単に作成することができ、インターネット上にはたくさんのテンプレートが紹介されているので、素人でも比較的簡単に作成できるものです。

また前借りが必要な理由や資金の用途などについてもしっかりと伝えておくことで、信頼度を高めることにつながるでしょう。

給料を前借りは自分で働いた分の給料なのだから、何に使ってもよいだろうと思う人もいるかもしれませんが、企業からするとお金に困っている人だと思い、これからしっかりと働いてくれるのかと不安になる可能性もあります。

それなりの理由があって前借りをしなくてはならないことを伝えることには、大きな意味を持つでしょう。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント