嫁にバレずにお金を借りたい、給料の前借りを上手く利用する方法

お小遣いが欲しいけど嫁が怖くてお金を自由に使えない、そんな旦那がまず思い浮かべるのは「嫁にバレずに給料の前借りする方法はあるか」です。

給料の前借りとは文字通り、給料の支払い日までに雇用側に給料の受け取りを申請して既定の金額を渡してもらう方法であります。

渡してもらう金額は基本的に働いた分までですが、例えば「結婚式の準備のために給料2か月分を前借りしたい」といったやむを得ない事情で、なおかつ話し合いができる雇用主であれば雇用側の裁量によっては叶うかもしれません。

ただしそうなると定められた期間での労働が約束されてしまい、強制労働と判断されてもおかしくはないです。

そうなってしまえば労働基準法違反に受け取られてしまうため、雇用側に迷惑をかけないためにも申請した日から1か月間の給料日までの働いた分の金額で希望したほうが無難です。

いずれにしても給料の前借りができるかどうかは雇用側次第ではあるものの、パートやアルバイトといった形態でも少額であれば前借りできます。

けれども次の問題は嫁に給料を前借りした事をバレない仕掛けや工夫です。

現在給料の支払いは口座を通した振込で、通帳にはそのやり取りが残されます。

つまり嫁が通帳に目を通せば一目瞭然なわけです。

もしも給料の支払いが現金による手渡しなら前借りした証拠がある明細書を「なくした」といって隠し、生活費を渡せばそれで1回目はバレずに済みます。しかし通帳はそうはいかないため隠蔽は困難です。

こうなれば選択肢はただひとつ、「飲み会といった付き合いでお金が必要だった」と主張するしかありません。

会社での人間関係は働くうえで欠かせないものであり正当性もあるため、嫁も強く追求できないです。

それでもしつこく追及するなら「このお金は自分が働いた正当な対価である以上、自分にだって使う権利はある」といった内容で自分の正しさをアピールするしかないです。

もちろんその前に謝罪の言葉を置いてクッションを作っておくのが大切と言えます。

この方法は嫁に給料の振込用の通帳が把握されている場合を想定したものですが、もしも給料の前借りを働く前から考えているなら口座を2つ作っておくのがおすすめです。

雇用側にそれぞれの口座に振り込んでもらうように頼んでおけば給料の前借りの情報を隠しやすく、嫁にバレずに済みます。

もちろん明細書が見つかってしまえばお仕舞いですが、方便を使うよりもバレる可能性は低いです。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント