旦那の会社で給料前借りすることが出来る

貯金はしているけれど定期の場合は、突然出費が必要でも引き出すことが出来ません。

当然、貯金がなければ借りるしかないと思う人もいるでしょう。

ですが、例え必要だとしても気軽にローンを組めるという人はあまりいないのが現状です。

利息のことも不安という場合は、給料前借りという選択がお勧めです。

給料前借りは、あまり知られていませんが会社員なら誰でも申請する権利があります。

といっても、旅行などの行楽に使いたいといった理由では前借りすることは出来ません。

申請を認めてもらうためには、一定の条件が必要になってくるので注意が必要です。

そもそも論として、給料前借りが権利として認められるというのは労働基準法の第25条があるからです。

そこには、非常時であれば既に働いた分の賃金を給料日前に雇用主に請求出来るということが書いてあります。

また、雇用する会社側は請求があった場合には応じる必要があると書かれています。

非常時というのは、行楽などではなく出産や病気などの事です。

他にも、事故や家族の死亡などが緊急時として認められています。

病気や死亡は、旦那であれば妻や子供のことでもかまいません。

その逆だけでなく、実家の家族が亡くなった時も認められるでしょう。

ただし、認められたからといっても希望した額が全てもらえるわけではありません。

労働基準法の第25条にもあるように、既に働いた分というのが一般的と考えてください。

15日に申請するなら、1日から15日までの賃金を請求することが出来ます。

給料前借りは認められてる権利とはいえ、申請したからといってすぐにお金がもらえるわけではないので注意も必要です。

旦那が会社に申請するように、パートやアルバイトで働いている妻や子供も給料前借りをする事が出来ます。

非正規雇用者の場合は、1ヶ月働いても賃金が受け取れるのが翌月以降ということも珍しくありません。

こうした制度はありがたいと思う人も、沢山います。

申請したいときは、社長ではなく経理担当の人や上司にまず相談するようにします。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント