児童手当は前借りできないがこの裏技なら借りれるよ

何かとやりくりが大変で、幼稚園児や小学生、中学生までの子供がいる方で毎月児童手当をもらっているけど、今月どうしてもお金が足りない!

そんなときに児童手当の前借りができるのか?

結論から言うと児童手当の前借りはできません。

ですが今働いているなら給料を前借りすれば足りない現金を手にすることができますよ。

このページでは勤務先にバレることなく誰でも給料を前借りできる方法を紹介しています。

児童手当は前借りできない

児童手当は国の制度であり、どんな特別な理由があろうとも前借りなどはできません。

2月、6月、10月に4ヶ月分まとめて支給されるので多い方だと10万円を超える金額が振り込まれることもありますよね。

支給の日は10日であり、早く欲しくてももらうことはできないのです。

お金を借りるのが嫌だ、消費者金融では借りることができない、といった方は今働いている仕事やバイトでの給料を前借りしましょう。

給料の前借りって言いにくい

給料の前借りって自分で言い出しにくいですよね。

上司や社長に「お願いですから給料前借りさせてください」っていってしまうとお金にだらしないと思われてしいますもんね。

そんなときに利用できるのでが「給料ファクタリング」という給料前借りシステムなんです。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント