給料前借りを申し込むと自己破産の可能性を疑われることも考えられます

給料前借りを申し込むと自己破産の可能性を疑われることも考えられるので注意をしましょう。

それぐらいに今は給料前借りという事には厳しいハードルがあるというように考えておく必要があります。

その理由として自己破産をする人が多いという事を聞くようになったという事もあります。

これは消費者金融があまりにも高額の金利でお金を貸していたという事もあるのですが、そうした人がするようになるのがこの給料前借りというような事だと考えられる事があるからです。

これが出来るのかどうかは会社の考え方によるのですが、今はほとんどの会社がこのような事はしないようにしていると考えて良いかもしれません。

というのは、会社は既に個人の面倒を見るという事は放棄したという事があるからです。

終身雇用制度というのは、個人の事を会社が考える事を宣言しているようなシステムでしたから、社員がお金に困っているというのであれば、これを助けるというような事も考えられない事ではありませんでした。

ですが、今は全く逆になっていて、個人の問題を会社に持ってこないようにすべきというのが、ほとんどの会社の方針だといって良いでしょう。

個人や家族の問題とは会社は関わりませんという様に宣言したのが、この終身雇用制度の廃止というものですから、そのような状況下で上司に給料前借りの事を相談するという事をすれば、ほとんどの場合において、迷惑がられるという事しか起きません。

何しろ、会社での評価というのは問題事を持ち込まないという事が最重要とも考えられる事ですから、それが出来ていないというだけで上司の更に上からのイメージが悪くなってしまうという事になります。

監督不行き届きという事ではないにしても、面倒事を会社に持ち込まないようにという指摘をされる事は考えられる事です。

今は会社というのは個人に対しては徹底的に関わり合わないようにしているという事を考えておく必要があります。

コメント