給料前借りは使い道が限定的なのでカードローンを使った方が良い場合も

給料前借りは、その時点で労働した日数の分のだけ手に入れることが可能です。

そのため給料日が毎月25日だった場合は、その月の10日に借りることが出来るのは先月の26日から当月の10日まで働いた分だけということになります。

ですので給料前借りは借りという言葉がついていますが借金という訳ではありません。

給料を先に渡して労働させるのは法律に照らし合わせると違法となります。

ですので雇い主は、まだ労働していない分の給与を貸してあげたかったとしても、貸すことは出来ないことになる訳です。

お金を会社から借り入れたい場合は社内貸付制度を利用する必要があります。

とはいっても、すべての企業がこの制度を定めている訳ではないため、前もって勤務先の就業規則を確認するのが良い方法です。

実は企業は労働基準法で定めた緊急事態に該当すれば、給料前借りの申し出に応じる義務があります。

ですので誰にでも利用することが可能な制度な訳です。

労働基準法によって出産するときや病気になったとき、災害に遭ったとき、近親者が亡くなって地元に1週間以上帰らなければならないときであれば雇い主は給料前借りに応じる必要があります。

とはいっても近親者の葬儀の喪主になった場合でも1週間以上地元に帰る必要性があることが認められる場合は少ないです。

原則として給料前借りは、体調が悪いときや災害に遭遇したときに限られると言えます。

給料前借りをすることが可能な条件は勤務先により異なるのです。

ほとんどの企業が、労働基準法で定めている以外の使い道での給料前借りを行っていません。

単純に生活費が足りないという理由では駄目で、葬儀費用の借り入れも困難な状況です。

その一方で、しっかり相談したり交渉したりすると、労働基準法で定めている以外の理由でも給料前借りに応じてくれる場合もあります。

ただし大きな会社の場合は可能性がかなり少ないので多目的ローンカードローン、社内貸付制度などを使って、資金を調達した方が良い場合もあります。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント