給料前借りの頼み方と注意点

給料日前にまとまったお金が必要になることもあると思います。

給料前借りは最終手段ですが、まずどうやって行えばよいのか、頼み方や注意点を考えましょう。

給料前借りは企業の裁量にかかっているのが現状です。

ただし前借りとはすでに働いたぶんの給料を給料日前に支払うことです。

まだ働いていないぶんの給与を先にもらうことはできません。

ただし労働基準法第25条に、結婚や出産、疾病や災害などが原因で家計が苦しくなっている場合は、企業は前借りに応じなければならないとあります。

そのような緊急の場合は法律上は頼んでもよいとわかっていても、やはり頼み方というものがあります。

企業が最初から給料の前払い制度を導入していれば既定の手続きを踏めばよいので、まず会社にそのような制度があるかを確認しましょう。

多くの企業では前借り制度は導入されていないので、個別に交渉することになります。

前借りをお願いする相手は企業と働き方の状況で異なってきます。

社長との距離が近ければ直接お願いすることになりますし、遠ければ担当部長や経理などに頼むことになります。

信頼できる上司がいれば、誰にこのようなお願いをしたらいいのか、聞いてみるのがよいでしょう。

特にいなければ、自分が話をできる人の中で、一番決定権があるような人にお願いしてみるのがよいです。

前借りをお願いする際には、なぜ、いつまでにいくら必要で、そのお金をどうして欲しいのかを明確に伝えます。

例として「今週急な出費がありどうしても来週中に10万円必要なため、今月分の給与について前倒しで振り込みをお願いできないでしょうか」というようにです。

簡潔であっても、理由を説明することで会社側としても前借りさせるべきか、判断がつけられるようになります。

給料前借りを依頼する際には借用書を作成するという手段もあります。

紙一枚で作ることができ、テンプレートも多くあるので、誠実さを示すためにも利用したいところです。

前借りを頼まれて企業側が考えるのは、このままちゃんと働き続けられるのだろうかということです。

理由まで説明することにはそのような不安を払拭する意味があります。

最低でもギャンブルや遊びのためのお金ではないということが伝えておきましょう。

給料前借りは職場の中の人間関係によくはありません。

お金に困っている人だという印象が強まるので、制度化されていない限り前借りをさせてもらうのは実際には難しいです。

追加で仕事をしたり、不用品を売るなど他の方法も検討しましょう。

家族や知人に借りるとしても、人間関係のこじれというリスクが拭えません。

カードローンで気軽に借りたほうがよい場合もあります。

それが嫌な場合は、会社にバレないように給料前借りを出来るシステムがあります、給料ファクタリングを利用されば、自分が働いてもらえる給料を前払いでもらえます。

緊急時には、この給料ファクタリングを利用するのもオススメです。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント