給料前借りをする時には利息についても注意をすべき

給料前借りは今の時代では出来るだけすべきではありませんが、それでも他に方法が無いというのであれば、仕方が無いので申し込んでみるという事をするしかありません。

ですが、その時に利息がどれぐらいになるのかという事も考えなければならないでしょう。

この利息がいくらになるのかというのは会社によって異なるので、聞かないと分からないという事にもなります。

勿論、法律が認める範囲内での利息という事にはなるのですが、場合によっては消費者金融などよりも高い金利となる可能性もあるので注意をする必要があります。

この金利は会社からすると、本業ではありませんからそんなに高くする必要は無いもので、多くの会社が利息は無しで貸してくれるというような事も昔はあったのですが、今の会社は殆どが給料前借りをするという事自体に否定的が個人が会社にお金の話を持ち込んでくるという事にすら嫌悪感を感じるという事も考えられる事です。

昔からのシステムがあるので、無下に断るという事も出来ないという事で続けているというところもあるのですが、そのような時には利息を高くして懲罰的な意味合いを含ませるというような事を考える事もあり得ます。

基本的には利用して欲しくないという事ですから、他にも利用者が出てくる事が無いようにするという事も考えるかもしれません。

いずれにしても、厄介事を持ち込むなというのが、今の会社の殆どという事になりますから、なかなか給料前借りのようなものを利用することは出来ないという事も考えた方がいいかもしれません。

出来ても消費者金融よりも高い金利という事になれば、利用する意味すら分からなくなってしまいます。

会社が成果主義というものを採用している事からも分かるように、今の会社は個人の生活や暮らしについては全く関与しないという事を前提として仕事の成果のみで判断するという事をしているわけですから、この給料前借りという事自体を無くしてしまっているところもあるぐらいです。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント