給料前借りをして会社を辞める際の注意点

急にお金が入り用になるということがあります。

日ごろから貯金などをしておくことで急な出費に関しても柔軟に対応ができますが、誰もがそのように金銭的に余裕ある生活をしているとは限りません。

どうしてもお金が必要という場合には、給料前借りをするという選択をする方もいるでしょう。

ですが、給料前借りしたくてもなかなか言い出しにくいのも事実です。

金銭的に余裕がないことが経営サイドにわかってしまうことにもなるため、話を切り出したくてもそう簡単に話せるとは限りません。

また、法律的に問題ないのかという点において疑問を持つ方もいるでしょう。

法律的には、条件を満たしているならば問題なく請求できます。

条件的には、出産や疾病、災害などの非常時において費用を当てるために請求するという場合なら、給料日前であっても本人が働いた日までの分の賃金を雇っている側が支払う必要がでてきます。

そのため、労働者は、非常時なら一時的に金銭面が厳しい状況であっても条件を満たすことで給料の前借りは可能ということになります。

また、正社員でなくてもパートやアルバイト、派遣社員などでも利用できるため正社員じゃないからとあきらめることなく、給料の前借りをしましょう。

給料の前借りのため利息や手数料などがかからず、返済なども不要なため安心です。自分が働いてもらえるはずの給料です。

返済など考える必要はありません。

このように、労働者の権利として条件を満たすことにより給料前借りは可能です。

ただし、給料を前借りしなければならない生活を続けてしまうと、どこかで金銭面でのトラブルとなることもあるため、注意も必要といえるでしょう。

生活状況を見直して、金銭的に厳しい状況を作らないようにすることも必要です。

給料前借りはあくまで緊急時、非常時という条件化で行えるもののため、普段からある程度金銭的なゆとりある生活を目指して生活状況を改善していけるように心がけていきましょう。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント