給料前借りは手数料で利用できる法律で認められた権利

急な費用が必要な時はローンより給料前借り

貯金の有無に関わらず、病気や怪我で多額な入院費用が急遽必要になる事があります。

お金がない場合は、金融機関からローンで借りるという方法を考える人も少なくありません。

しかし、会社員なら利子がかかるローンよりも気軽に資金を用意できる可能性があります。

給料前借りという方法なら、利子の心配もいらず手続きも比較的簡単です。

ですが、給料前借りをする場合は手数料がかかるケースが多いです。

事前にいくらかかるのか調べてから借りるようにしましょう。

緊急事態に認められる制度

給料前借りと聞くと、会社からお金を借りるようなイメージを受ける人も少なくありません。

しかし、実際には自分の賃金を給料日より前に受け取るだけなのでローンなどとは全く違います。

あくまでも自分の賃金なので利子が発生しないので安心です。

ただし、給料前借りするためには一定の条件をクリアしていないといけません。

認められるのは、使う目的が病気や怪我など緊急事態の時だけなので注意が必要です。

この病気や怪我というのは、働いている本人だけでなく家族などにも適用されます。

家族の病気や死亡で、急遽帰省するのに費用が足りないという場合も利用可能です。

まずは相談してみましょう

給料前借りは労働基準法で正式に認められている制度で、会社側は社員が申請した場合は応じる義務があります。

緊急事態に限られているとはいえ、労働者全てに与えられた権利です。

ただし、給料前借りできるのは働いた分に相当する賃金だけなので注意しましょう。

数ヶ月分の給料を前借りしたいといったような申請は、認められません。

また、法律で定められているとはいえ企業によっては給料前借りを認めていないところもあります。

対応可能としている会社でも、突然申請してもすぐに受理してもらえない可能性もあるので注意が必要です。

まずは、上司や経理担当者に事情を説明して相談してみることをお勧めします。

相談して上司から承諾してもらえたら、前借りの申請書となる書類を受け取り手続きを進めて下さい。

緊急だからといって、口頭で突然申請しても会社側としても対応に困るからです。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント