正社員として仕事をしていてお金が必要になり給料前借りをしました

出費が重なって足りなくなったお金

好きなアーティストのイベントが重なって、出費が大きくなりお金に困っていました。

正社員なので安定した収入は得ていましたが、調子に乗ってお金を使いすぎ預金も殆どなくなって困っていました。

このままだと生活をするのも難しそうだったので、思い切って上司に相談して前借りをしました。

給料日は一週間後だったので待てば良かったのですが、どうしてもお金が必要だったので話し合いました。

イベントにお金を使ったと知られるのはまずかったので、別の理由を説明しましたが納得してくれたので良かったです。

事情を説明すると書類が必要だと言われ、借用書用の紙をもらいました。

簡単な書類でしたが、自分の名前と借りたい金額を記入して提出しました。

上司は書類をしばらく見ていましたが、問題がなかったらしくお金の用意をしてくれました。

どのようにお金をもらえるのか心配でしたが、現金で渡してくれたので良かったです。

振込だと数日かかりますが、その場で渡してくれたので助かりました。

その時に、借りたお金は借金扱いになるという説明を受けました。

働いている会社から借りるのだから、給料から引かれるのかと考えていましたが違いました。

借金扱いになるので利息がかかると言われましたが、すぐに返す予定だったので問題はなかったです。

借りたお金は払っていなかった電気代など、必要な支払いから使っていきました。

足りなくなった日用品などを購入し、ひとまず問題は解決しました。

最初に給料前借りをした時は、上司が何か言うのではと心配でしたが、実際の手続きは事務的で、特に問題なくお金を借りることができました。

あまり給料前借りはするべきではありませんが、今回はお金を使いすぎたので利用しました。

次回からはイベントなどに参加する時も、余裕を持って対応したいです。

借りたお金は給料日が来た時に返したので、今は会社に対して借金はありません。

多少上司から評価が下がった可能性はありますが、前借りをして問題を解決できました。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント