会社の給料前借りって…簡単そうで知らない事多くありませんか?

給料前借の誤解と落とし穴

就職をすると会社から得られる賃金が給料ですが、どうしても生活スタイルによっては、給料が不足する事態が起きることがあります。

この時に利用しようと思いつくのが『給料前借り』ではありませんか。会社に相談して助けてもらう、と言い換えれば聞こえは良いかもしれませんが、前借りという制度は労働基準法第25条に抵触する危険性があるものです。

とはいえ、「会社として、社員を守りたい」と考えている経営者は少なくありませんので、就業規則は一度確認したうえで、会社に相談してください。

では、前借りが本当にできないのか?ということですが、法においては、簡単に述べると、未来の労働の対価を払うことができません。あくまでも働いた分を給料日の前に清算してもらうというシステムです。

つまり、働いた部分だけ、給料日の前に払ってもらうのが『前借り』として浸透していると言えます。

また、働いた分だけでは足りない場合にはどうすることもできないのか?という方もいると思います。

この場合も、就業規則の確認を行ってください。緊急性のある場合、会社規定によって、給料の前渡しというシステムが用意されている事があります。

これは厳密には、社内貸付金として処理されることが多いようです。この場合は、次の給料から返済(天引き等)が行われます。

つまり、給料前借りとは給料先渡しであるという認識をしておく事が大切です。

働いた分以上の金額の場合は、社内貸し付けという借金となります。

会社が社員の為にする制度なので利息を取るようなところはあまり聞きませんが、出資法上では、年利109.5%まで請求することが可能となっています。

社内とはいえ、借り入れには熟考が必要といえます。

そして、お金を必要としている人が忘れてはいけないのは、要求した日にすぐに渡してもらえないことがあるという現実です。

お金が「必要である」となる前、「必要になりそう」な時に考え、ご自身だけではなく、相談できる人と相談したうえで、行動することが大切といえるのかもしれません。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント