給料前借りとその金額について分かりやすく解説します

給料の前借りとは

皆さんは給料の前借りと聞いてどんな事を思い浮かべるでしょうか。

これは多くの方の想像通り、正式な給料日前に会社の給料を文字通り前倒しで受け取る事を指します。

前借りという言葉の意味を知っていて理解できていた方でも、実際に利用したことある方は少ないでしょうし、本当に利用できるのか半信半疑の人もいると思います。

しかし、これは労働基準法で認められている正式な制度であり、ある程度の条件を満たせば労働者はみんなが利用することが出来る制度なのです。

給料前借り出来る時の条件と具体的な金額

漫画や映画の世界だけではなく、実際に私たちが住む現実世界でも給料前借りが出来ることがわかりました。

次に気になるのが前借り出来る条件やその具体的な金額でしょう。

まず、条件は「非常時であること」です。

例えば、出産、災害、結婚、本人や家族の死亡、やむを得ない場合の帰郷時など、一般的に人生の大きな節目となるときや、大きな不幸があったときなどの緊急事態のことです。

更に労働者本人だけでなく、給料で養われている家族なども対象に入ることが大きなポイントの一つです。

それでは具体的にいくらまで給料前借りが出来るのかということですが、上記の非常時の支払いの場合は、その月のすでに働いた分が請求可能です。

月末締めの会社で約半数の15日まで働いたとしたら、その15日分の給料の支払いを求めることが出来ます。

仮に毎月の給料が30万円なら、15万円が会社から払われる計算ですね。

ここまでは法律で決まっているのでどこの会社でも請求すれば対応は同じですが、基本給以外の残業代や各種手当などは各企業に対応が委ねられているので、基本給以外は必ず貰える補償がない点は注意が必要です。

なお、この給料前借り制度は正社員などの正規雇用者だけでなく、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用者にも適用されます。

従って、正規や非正規に関わらず、やむを得ない事情で前借りしたい場合には会社に相談してみるとよいでしょう。

給料を前借りする方法

会社やアルバイトなどの勤務先の上司や社長に「給料の前借りをさせてもらえませんか?」と伝えるのって本当に言いにくいですよね。

そんな時に、毎月給料をもらっている人なら誰でも利用できる「給料ファクタリング」というものをご存知ですか。

もらう予定の給料を先に現金化する事で、最短で即日でお金を受け取る事が可能ですし、手数料だけで会社にもバレませんよ。

給料を先に受け取れるファクタリングならこちら

どうしても給料日まで待てない方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

コメント